話題の定額動画配信サービスを徹底比較します。

松山ケンイチ主演のくそつまんねー映画『珍遊記 (ちんゆうき)』(原作:漫☆画太郎)レヴュー。Amazonプライム・ビデオで見放題。【無料体験あり】

chinyuuki

【2017年2月5日更新】

ども!!

私は、最近、Amazonプライム会員になって、たくさんの映画を見ています。

今回は、Amazonプライム・ビデオで見放題で配信開始された、2016年に公開された、松山ケンイチ主演の映画『珍遊記 (ちんゆうき)』を紹介致します。

珍遊記、遂にAmazonプライムに登場!!!

珍遊記 (ちんゆうき)とは

映画『珍遊記 (ちんゆうき)』は、1990年代の、黄金期の週刊少年ジャンプに連載されていた、人気漫画『珍遊記 (ちんゆうき)』が原作の映画です。

原作者は、漫☆画太郎 (まんがたろう)

一応、西遊記 (さいゆうき)が元ネタです。

 

漫☆画太郎 (まんがたろう)は、他人の作品を、パロディしたり、自分の漫画もコピー機で、コピーしたりして、作品を仕上げる事で有名な漫画家です。

漫☆画太郎 (まんがたろう)の作品の中で、一番有名なパロディは、漫画『珍遊記 (ちんゆうき)』に出て来た、以下のシーンです。

珍遊記 (ちんゆうき)で、主人公の、山田太郎 (やまだたろう)が怒るシーン。

珍遊記 (ちんゆうき)で、主人公の、山田太郎 (やまだたろう)が怒るシーン。

↑このシーンは、漫画、ドラゴンボール (鳥山明原作)で、敵役のフリーザが怒るシーン (本家↓)のパロディです。

怒るフリーザ様。(ドラゴンボールより。)

怒るフリーザ様。(ドラゴンボールより。)

まぁ原作の漫画は、メチャクチャ面白いのです。

当時、珍遊記 (ちんゆうき)が少年ジャンプに連載されていた時は、おそらく一番人気の漫画だったと思います。(と思うくらいに面白かった。小学校で、話題になるのは、珍遊記が一番でした。)

漫☆画太郎の絵は、非常に特徴がある絵なので、見た事がある方も多いでしょう。

最近では、マキシマム・ザ・ホルモンのCDジャケットの絵などで活躍されています。

映画『珍遊記 (ちんゆうき)』の出演者

主人公、山田太郎 (やまだたろう)役、松山ケンイチ。

松山ケンイチ演じる山田太郎 (左)と、原作の、山田太郎 (右)

松山ケンイチ演じる、山田太郎 (左)。と、原作の、山田太郎 (右)

倉科カナ演じる、玄じょうの法力 (ほうりき)によって、妖力 (ようりき)を吸い取られ、つるっぱげのオバQみたいなおもしろい顔にされてしまった、松山ケンイチ演じる、山田太郎 (やまだたろう)。

倉科カナ演じる、坊主の玄じょう

倉科カナ (左)、倉科カナ演じる玄じょう (真ん中)、漫画の玄じょう (右)

倉科カナ (左)、倉科カナ演じる玄じょう (真ん中)、漫画の玄じょう (右)

何故か倉科カナが玄じょう役。漫画が実写化になると、何故か、男性のキャラクターが女性に変わる場合が良くある。

後で登場人物もう少し追加する。

映画『珍遊記』を見た感想 (レヴュー)。

伝説?の漫画の映画化とあって、期待する声も大きかったこの映画。

omoshire-chinyuuki

ってなるかも??

ワクワクして見てみました。

そして、実際見てみた感想を書いてみました。

一言で言って、この映画は、

くそつまんねー。

です。

見たらおそらく時間の無駄です。

名優、松山ケンイチの黒歴史になることであろう。

見てみたのですが、ギャグ漫画の映画化にありがちな、無駄にかっこいいCGが使われてる感があります。

漫画で使われていた、名言?みたいな

『嘘くせー。なんか嘘くせー。』

なども出てくるので、原作ファンにも、嬉しいところも少しはある様な気もするが、漫画の絵がヘタなのも売りだった気もするので、もう少し演出は雑な仕上がりでも、楽しめた気もする。

対して、演技はマジで雑。

この映画。

なんというか、無駄にリアクションが大きい普通のモブキャラ。

登場するすごい地味なキャラクターの筈 (はず)の奴等  (やつら)のセリフが、いかにも大袈裟 (おおげさ)なセリフっぽいので、作品に入り込めない。

もう少し自然な演技は出来ないものなのか。

と思ってしまいましたが。

演技は、雑じゃなく、ちゃんとした方が良かったと思うよ。

なので、山田太郎 (やまだたろう)の特異なキャラが際立っていないのが残念でした。

松山ケンイチ演じる山田太郎 (やまだたろう)の演技は、まぁこれでもアリかな?とはまぁ思えるレベルなんだけど。

世界観がまるでできてなくて、ヘタな舞台見せられた気分。

結構なクソ映画だ。

(個人的な感想)

tsumaranai

↑漫☆画太郎本人も、おそらく、撮り直しを望んでいる部分は本音じゃ?

史上最低の糞映画には仕上がってると思う。

原作のキャラクターの、山田太郎 (やまだたろう)が、この映画を見たら、

「つまんねー。」

「この映画くそつまんねーよー。」

って、鼻くそほじりながら言いそうな出来 (でき)。

本当に面白かったクソ漫画の、クソ映画化だが、本当につまらない。

(個人的見解。)

マジでクソ映画になっている。

音楽と言うか、効果音も無駄感が半端ない

あまりにもクソつまらないので、配信停止になる可能性もあります。

一度観る価値があるかもしれません。

今ならAmazonプライム・ビデオ無料体験で観る事が出来ます。

(個人的見解)

実際に見たら、後悔するでしょうが。

(面白さが分かれば面白いのかもだけど、面白く感じられなかった。)

まぁ、ここまでけなしたけど、こんなクソ映画でも、見たい方は是非、Amazonプライムに登録して、このくそ映画を見てみよう。

(こんなクソ漫画を映画化してくれた事、まさかの、名優、松山ケンイチが主演。そして、じじばばの再現度は非常に高評価です。)

Amazonプライムは、30日間、無料体験できます

こんなくそ映画でも、↓DVDを買うと、4,000円くらいお金が無駄にかかるので、是非、どうしても観るなら、Amaoznプライム会員に無料体験して見てみてください。

珍遊記 [DVD]

新品価格
¥3,918から
(2017/2/4 19:09時点)

映画『珍遊記』は、糞つまんないですが、もっと面白い映画も、Amazonプライム会員になると、たくさん観れるので、是非、この機会に、下記のリンクから、Amazonプライムに登録してください。

Amazonプライム・ビデオに無駄に登録して、糞つまんない、映画『珍遊記』を見てみる。

たまに、この珍遊記を見て、面白いと感じる人も居ますので、個人的な感想だと言う事を、ご理解ください。

Amazonプライム・ビデオ以外で、『珍遊記』は観られる??

Amazonプライム・ビデオ以外のサービスで、見放題で、映画『珍遊記』が観られないか調べてみました。

それが観られないんですよ。

お金を払って観る価値は、普通の人にはないと思うので観なくてイイと思いますが、

dTVの場合は、500円課金で観られます。

U-NEXTの場合は、540円課金で観られます。

TSUTAYA TVでは、540円課金で観られます。

他の動画配信サービスだとつまらない上にお金がかかります。

つまり、無料体験で、見放題で観るなら、Amazonプライム・ビデオしかありません!!

下記のリンクから、無料体験して、どんだけ、つまらないのか確かめよう!!

Amazonプライム・ビデオに無駄に登録して、糞つまんない、映画『珍遊記』を見てみる。

関連記事

Amazonプライムについて

Amazon プライム・ビデオのオススメポイントや評判など。

Amazon プライム・ビデオのお申し込み方法。Amazonプライム無料体験後の自動継続解除の方法。

Amazonプライム・ビデオの視聴履歴の場所。視聴履歴を確認する方法。

Amazonプライムで今お勧めな、見放題の動画

【無料体験あり】超おもしろ弁護士ドラマ『花村大介』をAmaonプライム・ビデオ、dTVで見よう♪

オススメ☆名作ドラマ『素敵な選TAXI』 (2014年)をAmazonプライム・ビデオ、dTVで見よう♪

ドラマ『銀と金』(福本伸行が原作)が、amazonプライム・ビデオで見放題。原作も無料。評判は??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です